トピックス

2017/10/25 イベント

技能五輪全国大会出場選手壮行会

広島障害者職業能力開発校にて第55回技能五輪全国大会出場選手壮行会が開催されました。
若者の技能レベル日本一を競う技能五輪全国大会に出場する広島県代表選手が一斉に集いました。

広島県副知事による壮行のことば。

広島県代表の選手たち。

壮行会を終えて、校長先生と一緒に記念撮影!

(写真左から)
田村 浩乃(製菓衛生師科2年生/山口県立光高等学校出身)
橋本 祥平(製菓衛生師科2年生/広島県立竹原高等学校出身)
石井 駿介(調理師科2年生/広島県立広島国泰寺高等学校出身)
大浜 寅之介(調理師科2年生/山口県立光高等学校出身)
中村 知樹(調理師科2年生/呉市立呉高等学校出身)
千葉 莉恵(調理師科2年生/広島県立可部高等学校出身)

本校からは、日本料理2名、西洋料理2名、洋菓子製造2名の計6名が広島県代表として出場します!

今年の大会は、11月24日から11月27日、栃木県で開催されます。
大会まであと少し。出場選手のみなさん、
体調に気をつけて頑張ってください!応援しています!

■技能五輪全国大会について(技能五輪全国大会ホームページより)
技能五輪全国大会とは、23歳以下の青年技能者が各職種で技能レベルの日本一を競う大会です。
その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、広く社会に優れた技能を身近にふれる機会を提供し、技能の重要性や必要性をアピールし、ものづくり、技能の尊さ・大切さ、素晴らしさを実感していただくことです。

LINEで送る