Suishin オリジナルレシピ

2011/12/13 洋食

若鶏のマレンゴ風煮込み&サンドイッチ/9ジラジ

広島FM「大窪シゲキの9ジラジ」
毎月第3木曜日は、トントントン~♪お料理コーナー!
★月イチ家庭科!9ジラジクッキングッド★
DJオオクボックスが広島酔心の実習室に突撃取材&料理に挑戦!
12月15日(木)放送のクッキングッドでは、若鶏のマレンゴ風煮込み&ミックスサンドイッチをご紹介。
さっそくレシピをゲットしよう!

今回ご紹介するレシピはこちら!
<若鶏のマレンゴ風煮込み>
DSC_3597.JPG

【材料】4人分
 鶏もも肉 4本
 塩・コショウ 適量

 トマト 100g
 トマトペースト 適量
 ニンニク 少々
 白ワイン 40ml
 ブイヨン(コンソメ) 40ml
 オリーブオイル 適量
 マッシュルーム 20g
 ローリエ 小1枚

 卵 2個
 クルトン 2枚
 パセリ 適量 

<作り方>
1.鶏もも肉をぶつ切りにして塩・コショウする。
 →肉や魚は調理する前にクッキングペーパーで、ぬめりや臭みをふき取ろう。
 →鶏もも肉を切る時は、皮を下にしよう。切りやすくなるよ。
 →肉を触った後は、食中毒予防のため手をしっかり洗おう。
 →雪が降るような感じで塩・コショウしよう。
DSC_3459.JPG
ペッパーミル(コショウ挽き)と格闘中のオオクボックス!

2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ香りを出し、1の鶏もも肉を焼く。
 →ニンニクの芯は焦げやすいので取ろう。
 →鶏肉をフライパンに入れたら、皮がパリッとなるまで焼こう。
  ひっついて肉が焦げないようフライパンを軽くゆすろう。
  皮の面がきつね色に焼けたら、ひっくり返して裏面を焼こう。
DSC_3477.JPG
 →ニンニクはきざみ方で香りの出方が変化するよ!
  つぶす<スライス<きざみ の順に香りが強くなるよ。

3.鶏もも肉に美味しそうな焼き色がついたら、鶏もも肉を取り出す。
 フライパンに残った油(焼き油)は臭みがついているので捨てる。
 →旨味がついているフライパンは洗わないこと!

4.3のフライパンでマッシュルームを炒め、白ワインを入れ、沸騰させアルコールを飛ばす。

5.トマト、トマトペーストを加え少し炒め、ブイヨン(コンソメ)を注ぎ込む。
 →トマトは炒めることで酸味がやわらぎ、甘みが出るよ。
 →水分が足りない場合は、水を追加しよう。

6.5の鍋に鶏もも肉を戻し、ローリエを入れ弱火で10~15分煮込む。
DSC_3488.JPG
 →ローリエを入れることで鶏の臭みが消えるよ。

7.クルトンとポーチドエッグを作る。
 クルトン:パンの耳を取った食パンを適当に大きさに切り、180℃の油で揚げ完成。
 ポーチドエッグ:160℃の油に生卵をそっと入れ、卵黄に白身を絡めて完成。
 →ポーチドエッグの代わりに目玉焼きや温泉たまごでもOK!
DSC_3547.JPG
ハート、星、好きな形のクルトンを作ってみよう!

8.トマトで煮込んだ鶏肉を盛りつけ、卵、クルトン、パセリを添え完成。
 →マレンゴとはイタリアの地名。ナポレオン率いるフランス軍の料理人だった
  デュナンによって考案された料理と言われています。

<ミックスサンドイッチ>
DSC_3566.JPG

【材料】4人分
 食パン 16枚
 辛子バター 適量
 マヨネーズ 適量
 ハム 4枚
 スイートピクルス 2本
 レタス 4枚
 トマト 1個
 卵(Lサイズ) 3個
 牛乳 15cc
 バター(無塩) 10g

<作り方>
1.バターを室温に戻し柔らかく練って、マスタードと合わせ、辛子バターを作る。

2.ピクルスを縦にスライスし、トマトは半分に切ってからスライス、レタスは一口大に切る。
  →レタスは洗った後、クッキングペーパーで押しつけて水分を取る。
   押しつけることでパンに挟みやすくなるよ。

3.スクランブルエッグを作る。ボウルに卵を入れ、牛乳を混ぜ合わせる。
 フライパンにバターを入れ、火にかけて溶かし、卵を入れる。
 菜箸でフライパンの外から内側へ大きく混ぜる。半熟状になったら火を止め取り出す。

4.パンに辛子バターを塗り、ハム、ピクルスをのせ、両面にマヨネーズを塗ったパンを重ねる。

5.4の上にレタス、トマトをのせ、両面にマヨネーズを塗ったパンを重ねる。

6.5の上にスクランブルエッグをのせ、辛子バターを塗ったパンを重ねて、10分ほど重しをして完成!
 →スクランブルエッグを半熟にしていることで、パン全体に広がってなじみやすいよ!

料理を終えて試食タイム。
DSC_3584.JPG
あまりのおいしさにオオクボックス、ずっとスマイル。

こちらは番外編。
DSC_3570.JPG
チャーミングなオオクボックス&玉澤先生です。
さぁ、お家でレッツクッキングッド!

担当:玉澤雅宏(西洋料理実習教員・西洋料理専門調理師)

LINEで送る
一覧

カテゴリー

年別に見る