文部科学省 「高等教育の修学支援新制度」 対象校/文部科学大臣認定 「職業実践専門課程」 設置校/厚生労働大臣指定養成施設

専門実践教育訓練給付金制度厚生労働大臣指定講座

全ての学科が、専門実践教育訓練給付制度の対象講座として厚生労働大臣から指定を受けています。専門実践教育訓練給付制度は、中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的、実践的な教育訓練として指定した講座を受講した場合に、給付金が支給される制度です。
資格要件、支給条件など、詳しくは最寄りのハローワーク担当窓口にお問い合わせください。

教育訓練
給付金制度
対象学科 金額
専門実践
教育訓練
調理師科
1年コース
最大40万円
※資格取得後、1年以内に被保険者として雇用された場合は
最大56万円に!
調理師科
2年コース
最大80万円
※資格取得後、1年以内に被保険者として雇用された場合は
最大112万円に!
製菓衛生師科
2年コース

※雇用保険に加入している(されていた)等、一定の要件があります。

※外部サイトへ移動します

その他の学費サポート

日本学生支援機構奨学金

全ての学科が、日本学生支援機構奨学金の対象となっております。

※外部サイトへ移動します

教育ローン

本校は、国や労働金庫の進学資金融資制度の指定校となっております。詳しくは、本校事務局または各金融機関窓口へお問い合わせください。
〈例〉オリコ「学費サポートプラン」(外部サイト)

飲食店開業塾(選択科目)

"自分の店を出す"夢を応援
飲食店を開業するための「ノウハウ」を学べます

飲食店を開業してみたい!そんな夢を持っている人はたくさんいます。今でもたくさんのお店がオープンしていますが、 大半は長続きせずお店を閉めてしまうのが現状です。 なぜ、そうなってしまうのでしょうか?それはしっかりとした「準備」なしにお店をオープンしてしまうからです。 その「準備」とは?本校では在学中に料理の技術はもちろんのこと、開業を目指す人を対象に「講座」を設け、お店をオープン・維持していくための「ノウハウ」を、多彩な講師陣をお迎えして指導いたします。

調理師科1年コース入学者の約50%が、社会人、大学生、既卒者です

調理師科1年コースの学生の約50%は、社会人経験者や主婦といった一般の方です。本校では、幅広い世代の方が本格的に学んでいただける体制を取っています。

※2019~2021年度 入学者実績

調理師科1年コースを選んだ理由

大学在学中に就職も考えましたが「一番やりたいことは料理」と思い入学。1年という短期間ですが、幅広い年代の同級生と共に、包丁研ぎから基本をしっかり教わりました。就職サポートも手厚く、希望の日本料理店に内定。将来は自分のお店を持って、料理でお客様を幸せにしたいと思っています。

廣保 順平

岡山理科大学出身/永山

一度社会に出て他分野で働いていましたが、「調理師になりたい」という夢を実現するため入学を決めました。包丁の扱い方から教えていただき、自主練習でも先生からフォローしていただきました。さらにコンテストに挑戦するなど、やる気次第でさらに成長できます。勇気がいる決断でしたが、入学して本当に良かったと思います。

新井 希美

広島文教大学出身/広亭タナカ

料理に関する仕事をしたいと考えていましたが、別分野の企業に就職しました。しかし料理に対する想いが年々強くなり、勤めていた会社を退職し、広島酔心に入学しました。1年コースのメリットは、短期間で基本から応用までしっかり学べることです。普段の勉強と並行して学校が開催する飲食店開業塾も受講し、自分のお店をオープンすることができました。

松本 光雄

広島修道大学出身/果酒MARU

一般の方対象の個別相談会を開催

入学をご検討中の方で「1年間でどれだけ力がつくの?」「卒業後の就職は?」「学費はどの位かかるの?支払方法は?」「入試の内容は?」といった疑問やご不安をお持ちの方。 完全予約制の個別相談会をご利用ください。平日なら実習風景の見学も、相談だけなら土曜日も可能です。まずは予約のお電話を。

TEL: 082-231-8700(日曜日・祝日を除く9:00~17:00)

誰でも参加できる料理教室や講習会を開催

「仕事や家庭があって通学は難しい」という方には、料理教室・ケーキ教室や各種講習会をご用意しております。

一般向け講座