製菓衛生師科

世界で通用するパティシェを目指し、基礎から実践へとスキルアップ

一人1台の実習で全工程マスター

一流ホテルや有名ケーキ店で活躍したパティシエやブーランジェが基礎から指導。製菓業界の国家資格「製菓衛生師」の取得に向けてバックアップします。2年間で知識、技術、そして製菓・製パンに欠かせない発想力まで学び、世界で活躍できるプロを育成します。

2年コース

基礎から応用まで着実に学ぶ2年間

製菓・製パンの基本的な技術や知識を習得し、その後、現場に近い環境で即戦力となるスキルを身につけます。また、ラッピングやカラーコーディネートなど、パティシエに必要な創造性も伸ばします。

ポイント1

一人1台のケーキ作りで全工程をマスター

ポイント2

たくさんの実習で製菓技術を習得

ポイント3

大量生産実習で現場感覚を磨く

カリキュラム

基礎科目 衛生法規、食品学、社会、公衆衛生学、食品衛生学、食品衛生実習、栄養学、製菓理論 
実習 / 校外実習 製菓実習、校外実習、カフェ実習、調理実習
教養科目 フードコーディネーター講座、茶道、ラッピング、美術、サービス論、外国語、マナー学、テーブルコーディネート、製菓衛生師国家試験対策

テーブルコーディネート・ラッピング

テーブルコーディネート・ラッピング

プロのコーディネーターから、クロスやお皿の選び方からフラワーアレンジメント、カラーコーディネイト、ラッピングまで学びます。

カフェ実習・サービス論

カフェ実習・サービス論

ホテルやカフェで活躍する講師が、実際のサービス業務の流れを実技と理論で指導します。

取得できる資格

  • 製菓衛生師受験資格(在学中に受験)
  • 食品衛生責任者
  • 専門士
  • フードコーディネーター3級
  • カフェクリエーター2級(希望者のみ)
  • パティスリーラッピング3級(希望者のみ)

製菓衛生師
国家試験合格率96.8%
(2019年度)

菓子のプロとしての国家資格「製菓衛生師」。1年次に受験資格取得に必要な科目を履修し、2年次に試験に挑戦します。授業でも対策しますので、就職前に資格を取得する可能性が高まります。※全国平均合格率70%前後 ※受験者数31 合格者数30

専門実践教育訓練給付金制度厚生労働大臣指定講座

製菓衛生師科2年コースは、専門実践教育訓練給付制度の対象講座として厚生労働大臣から指定を受けています。専門実践教育訓練給付制度は、中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的、実践的な教育訓練として指定した講座を受講した場合に、給付金(最大112万円)が支給される制度です。資格要件、支給条件など、詳しくは最寄りのハローワーク担当窓口にお問い合わせください。

研修旅行(関西・東京)

一流の雰囲気を堪能し、その経験を将来の財産に

関西研修(1年次)では自由にお店を訪ね歩く自主研修のほか、ホテルやレストランで食事をし、本物の雰囲気を体感。東京研修(2年次)では全国最大規模の大会「ジャパン・ケーキショー東京」に参加します。

※全員参加(授業料に含まれます)

関西研修[1年次]

神戸

神戸
ルミナスランチクルーズ 神戸市内自主研修等

大阪

大阪
有名ホテルにてランチ&デザートビュッフェ
難波・心斎橋自主研修等

京都

京都
和菓子作り体験 老舗京料理店で昼食等

東京研修[2年次]

ジャパンケーキショー東京参加
ジャパンケーキショー東京参加

ジャパンケーキショー東京参加

製菓衛生師科 関連ページ

体験入学
資料請求